「AV女優の母さんと引きこもりの僕がセックスするようになった理由【電子特装版】」のエロ漫画を完全無料で読めるサイトはある?

「AV女優の母さんと引きこもりの僕がセックスするようになった理由【電子特装版】」の漫画を全巻無料で読めるか調査した結果!

結論からいいますと、調査した結果、インターネット上にAV女優の母さんと引きこもりの僕がセックスするようになった理由【電子特装版】の漫画を今すぐに合法的に無料で読む方法はありませんでした。
ですが、最大70%OFFクーポンや半額になるクーポンなどで、お得にエロ漫画を読める方法はあります。
エロ漫画を特にお得に読むことができるサービスを厳選しました。

「AV女優の母さんと引きこもりの僕がセックスするようになった理由【電子特装版】」をお得に読める電子書籍サービス

初回購入時に使える70%OFFクーポンが無料でもらえる

アダルトコミックの平均価格は1,000円から2,000円程度だと思います。これは一般的なコミック単行本などに比べると高く感じるのではないでしょうか。

ただ、FANZAブックスの初回購入時には、70%オフになるクーポンがもらえるのです。

ここで注意しなければいけないのが、一回だけしか利用できないことです。僕は初回におもいきって4,000円もするアダルトコミックを購入しました。この4,000円もするアダルトコミックが購入時には1,200円ほどになるのです。

定期的に50%以上OFFになるセール

これも見逃したくはないので、僕は購入しない日でも、一応セールが始まっていないか確認するために、FANZAブックスのサイトを除くようにしています。

FANZAスーパーブックセールや、人妻企画モノ、美少女初Hものなど50%以上オフになるセールを頻繁におこなっているのも特徴です。

14日間無料でアダルトコミック50,000冊以上が読み放題

僕は、アダルト雑誌を購入していたのですが、それが今は完全にFANZA読み放題に移行しています。
FANZAブックス読み放題は、アダルトコミックのサブスクリプションサービスで、とくにアダルト雑誌が豊富に揃っているのが特徴だと思います。
毎月買っているアダルト雑誌をFANZAブックス読み放題にするだけでもお得度は高いです。

「AV女優の母さんと引きこもりの僕がセックスするようになった理由【電子特装版】」詳細情報

AV女優の母さんと引きこもりの僕がセックスするようになった理由【電子特装版】

母さんのアダルトビデオで抜いているところを見られてしまった僕――。 母さんは自分がAV女優なのが原因で引きこもっている僕との関係にずっと悩んでいたそうで、そういう負い目があったから母さんのAVに興奮する変態みたいな僕を優しく受け入れてくれた。 それ以来、一線を越えないことを条件に僕は母さんにオナニーのお手伝いをしてもらっているのだ……。 「僕の母さんはAV女優。」全6話+描き下ろしカラーと「義母とふたりで暮らしたら…」全4話を収録!! 「義母とふたりで暮らしたら…」第一話は、電子版のみ前半8Pカラーです。 【収録作品】 僕の母さんはAV女優。プロローグ 僕の母さんはAV女優。第一話 僕の母さんはAV女優。第二話 僕の母さんはAV女優。第三話 僕の母さんはAV女優。第四話 僕の母さんはAV女優。第五話 僕の母さんはAV女優。第六話 義母とふたりで暮らしたら…第一話 義母とふたりで暮らしたら…第二話 義母とふたりで暮らしたら…第三話 義母とふたりで暮らしたら…第四話

タイトル
AV女優の母さんと引きこもりの僕がセックスするようになった理由【電子特装版】
ページ数
218
巻数
1
価格
¥ 1100
発売日
2020年7月17日0:03
ファイル容量
143.00MB
ファイル形式
EPUB形式
シリーズ
AV女優の母さんと引きこもりの僕がセックスするようになった理由【電子特装版】
出版社
リイド社
ジャンル
aff対応 近親相姦 単行本 巨乳 中出し 先行販売 淫乱・ハード系 お母さん 義母
作者
葛籠くずかご

このエロ漫画を見ている人はこんなエロ漫画も見ています

このエロ漫画を読んだ人はどのような感想を書いているの?

最高に使える

近親相姦モノは気持ち悪くて嫌いだが、これは絵が好みで買ってみた。結論、最高に使える。とにかく絵が綺麗で可愛くてエロい。ストーリーもファンタジーとして読めたので気持ち悪さを感じない。秋江さん最高。

ただひたすらに

美しい。エロい。ジャンルとかシチュとかそんなことは一切気にせずに読む価値がある作品。憧れる人が居てもおかしくないくらいの艶のある女体と欲情したくなる女性陣のキャラが何度もヌいてしまうくらい好み。極めつけに両編とも妊婦セックスが含まれているのが個人的には最高。

近親相●物が苦手でも試す価値があるNTR系作品。

家族がテーマであるものの、結果的にアブノーマルやNTR好き向けの作品。表紙ではあまりそそられなかったが、作者の前作がよかったので思い切って購入。近親相●物は元々好みではないが、この作品に限っては最高だった。ヒロインの家族愛の葛藤と背徳のバランスが大変素晴らしいと思う。良く錬られた企画物AVを見ている感覚で楽しめた。ヌケル作品だと思います。

素晴らしい母子物エロ漫画

「僕の母さんはAV女優。」についてレビューします。快楽を共有する日々を送りながらも、親子としてこれでよいのかと悩む二人の心理描写がとても良かったです。自分たちにとっては満たされた関係であっても、世間からは決して認められない関係であるという罪悪感。そんな消えようのない罪悪感を抱えながらも、我が子との快感を伴った日常にこれ以上ない喜びを感じ、様々なシチュエーションで思いのままに腰を振り自身に向けられた男性器に恍惚の表情を浮かべる秋江さんが、とてつもなくエロく興奮するのです。親子の家族愛と男女の性愛が濃密なプレイで混ざり合い、常識と非常識の狭間で性感の昂りを全身で受け止める秋江さんの姿からは、言いようのない快感が伝わってきました。エロ漫画として実用的なのは言うまでも無く、秋江さんという魅力的な女性が愛する息子と共に幸せになっていく実に読後感の良い作品でした。母子物エロ漫画として間違い無く傑作だと思います。買ってよかったです。大満足です。

エロい

きれいだし何よりめーーーーーーちゃエロい胸もでかいし個人的に黒髪ロングが大好き読んで損はしないと思う

おもしろい

名の通りの作品ですイラストが好きであれば絶対にはまります近親相姦の話なのでその手の話が好きな人にはおすすめです

これ以上ない最高の母子物傑作

先月こちらの作品を購入してから、ずっとお世話になっています。余りにも気にいってしまったので急ぎDMMに会員登録し、初レビューに駆けこませていただきました。本作はどの話も文句なしの出来ですが、中でも「僕の母さんはAV女優。第三話」がずば抜けて秀逸でした。愛する息子のために考えたメインディッシュからの展開。自分の穴を指で大きく開き、必死に息子の精子を懇願する姿がエロい。母親の穴から尻全体がまるで聖水の受け皿のようで、ずっと憧れていたその穴目がけて精子を注ぐ息子。極めつきは背徳感が頂点に達した擬似セックス直後に他人の指、ち○ぽで膣内に精子を届けるという行為。「君が生まれてきたこの穴に息子ザーメンたっぷり注いであげてくれよ」「母親の卵子に息子の精子をお届けだ」というAV男優の言葉がまたゾクゾクする。AVだから許される非日常感なプレイ、AVだからありそうなプレイ、というのが新鮮でした。他にも母親が出演するAVを鑑賞しながらのオ○ニーや母子でかけあう放尿プレイなど、他の作品では類を見ないマニアックなプレイが出来るのも本作の設定ならではで、これで完結なのが非常に惜しいです。願わくば幸せに結ばれたこの母子の後日談、さらなる変態プレイを求めてAV男優に駆け込む姿などがまた見たいです。イラストも整っていて、母親はおなか周りのぜい肉が素晴らしく、むちむちでありながら綺麗にも見える絶妙なバランスの体型で、母性溢れるその姿はずっと見ていられます。セリフ回しも神がかっています。上記で挙げたものや「翔ちゃんはここから出てきたから初めてじゃないよ おかえりなさい」「翔ちゃんが私の中に帰ってきたの」という母親の中に戻ったという安心感。許されない行為をすればするほど比例して満たされていく背徳感。こんなにも素敵な作品を描き上げていただき、本当にありがとうございました。色々と大変な時期ですが、これからも素敵な母子漫画を届けてください。ずっと応援しています。

う~ん、背徳的でエロい?

1つ目は、表紙にタイトルになってる、本当の母子のエッチのあり方が変化していく物語。2つ目は、義母子家庭で、義母とのエッチを夢精し、その後処理をしてる家族の物語。163ページに出てくる、近所のお婆さんの気迫の絵が凄い!義母子家庭に義母の妹が突然来て、色々展開して行くんだけど、こっちの方がわかりやすいエロ話。

よかった

買うのを迷ってる方に安心材料となれば、、引きこもりの息子はわきまえている。母親に無理な要求をしたり、エラソーに説教することはない。どうもスイマセンな態度で母の愛をもらう。母親は息子とのセックスにドップリはまる。息子はこのままではマズイと思い、引きこもりをやめる。な展開です。二つ目の話はやさしい義母と性に奔放な叔母に食われる息子の話。こちらも女の性欲が先攻します。どちらの中編も嫌な人物が出てこないので、エロに集中しやすいかと。

怪作にして快作

ガッツリ1テーマを描き切っている大作。表題の連作のあとにも別の母子物が載っているが、そちらも良かった。題名から要素詰めすぎだろと思ったが、それぞれの要素が互いに作用して類を見ない作品に。普通の近親物は「ないだろ。。」となってしまう部分があるところ、この作品は普通ではないので切り離して受け入れることができた。また最後はハッピーエンドになっており、コアな内容でありながら読後感は爽やかでとてもよかった。